琵琶湖らいだぁ
 
賞見期限ギリギリのブログ。お早めに。
 



円山応挙がなんぼのもんぢゃ!

京都国立博物館で開かれている曾我蕭白の展覧会を見に行ってきた。
絵を見るってのはその人の頭の中をちょっと覗こうとすることだと思う。
何を思って書いたか、どんな感情をもっていたか。
でも展示会とかではその絵について解釈がなされているがあれはどうかと。
その人がどんな思いでその絵を書いたかなんてわかるわけがないし。
時代背景やその人の生涯から意味を汲み取ろうとするのは面白いけど見た人が感じることは人それぞれ。
描き手が意図する見方でなくてもいいと思う。
自分がどんなふうに感じて、それを見るか。
それが大事なんでは。
歌についてはいつもそんなことを考えている。
どんな意味がこめられたフレーズかわからなくても
自分が共感できるものがあればそれは自分にとって名曲になるんだと思う。

しょっぱなから飛ばし気味なブログやけどこんな調子では絶対続かない。あと「思う」が多いと思う。



4月30日(土) | トラックバック(0) | コメント(1) | 徒然なるままに。 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメント

アートええよね~☆

イイこというね~♪
共感しやした!!!


 by でこぽんのでこ | 5月10日(火)


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 楽天市場
FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット