琵琶湖らいだぁ
 
賞見期限ギリギリのブログ。お早めに。
 



2005年6月を表示

NO袋小路

最近、夜にウトウト→朝風呂コンボが多くなってきた。
今日も今日とてこんな朝っぱらからパソコンイヂってたり、もうダメ人間だなAHAHA!

さて、我が心の師でもあり、(個人的)ネットアイドルのにょっふんタンからお題を頂いた。
どこが発祥かはわかんないけど次々にバトン(お題)を回していく趣旨らしい。たぶん。
音楽に関するお題らしいけど…そんなにょっふんタンのような”高尚な音楽”聞いているわけでもないので、Super self-Satisfaction Oh Yeah!

1."今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量"
って言われても…ねぇ。
音楽聞きながら作動できるほど高機動型なスペックは持ち合わせておらぬ。
故に純粋な音楽ファイルは4つ。920個ってなんだオイ >にょっふんタン

2."今聞いている曲"
Folly-@Cote d'Azur
Mellowheadのアルバム『MELLOWDROME』に収録されてる曲。
ゲスト出演であの自称スーパースターミッチーが参加している。
ミッチーの台詞
 かわいいと綺麗って言われたらどっちが嬉しい?
 え、なぁに。6万回ぐらい言われてるクセに。ンふァ♪

最高にアホっぽくていい。あ、でもそれでいて曲全体としてはかっこいいぜベイベー

3."最後に買ったCD"
前にブログでも書いたけど、ってか上にも書いたけど
『MELLOWDROME』/Mellowhead
毎日聞いてる、今も聞いてる。
自分の中で恐ろしいまでの名盤。曲順までが愛しい。

4." よく聞く、または特別な思い入れのある5曲"
Do It For Love / Daryl Hall & John Oates
甘い!甘いよダリル!

Sleep All Day / Jason Mraz
すべてが崩壊したら それで山をつくればいい
いい言葉だと思う、ひたすら前向きな。

1.000 Times / Tahiti80
聞くと無性に夏を思いだす。単にアルバム買って聞いてたのが夏だったからなんだけど。

コミカルライフ / Roco
よく行くヴィレッジ・ヴァンガードにはいつもかかってるアルバムの曲。
”玩具ジャズ”とか言うわけの分からないコンセプトにそそられる。

ブーメランの顛末 / Mellowhead
何かが出来るような気がした訳じゃなくて
何もしないでいられなかったからさ

そう思って行動したことが、悉く裏目に出る日々ですAHAHA

5."バトンを渡す5名"
次にこのお題を回せって事だねパパ!
ということで
「☆きなこもち☆」のでこぽんさん
「魔法陣ゼミゼミ」のykawanoくん
「All to Z」のZさん
「日刊?京都ウォーカー」のよしだくん
「mon journal intime」の世界の父(HNがわかんない…

あとダークフォース感じる身内ばっかだと恐ろしく誤った方向に行きそうなので一度コメントを頂いた
「ホームシックと料理と生活と」のもげさん
にもお願いすることに。

お題をお願いする皆さん、気が向いたら書いてやってください。
ここで繋がりを終わらせるわけにはいかぬ!NO袋小路!広まれお題。



6月21日(火) | トラックバック(0) | コメント(6) | 徒然なるままに。 | 管理

たまには語りたくもなるのですよ奥さん



不思議なんだ
君が笑うと
僕の中にも花が咲くよ
雑で乱暴な僕の中に
綺麗な花が咲くよ

PLEASURE / 槇原敬之




今朝起きたらサボテンに花が咲いていた。
昨日の晩、寝る前に見たときはまだ蕾だったのに。
全然水をあげてないにも関わらず、立派な花を見せてくれた。
他のサボテンも日に日に育っている。
その生命力には驚かされるばかりだ。
自分一人で強く生きてるんだな、って。


なんか自分は周りに頼ってばっかの気がする。
と言うより依存しながら流されているのかも。
自分の考えを持っていない訳ではないけど、本当にやりたい事ってのも見えていない。

でももしかしたら、自分にはそんなの無いかもって思うようになってきた。
本当にやりたい事、ってなんだろう。
それに向かってひたすら進んで、到達するための努力をする。
到達したらどうするんだ。そこがまた新たな出発点か。どこに向かうための。

自分はそんなまっすぐには歩けない。目的地も見えていないんだし。
寄り道して寄り道して。
そこで見つけたモノを大切にしていきたい。

新しく得るもの失うもの。
見つけなければならないもの失ってはいけないもの。

見つけなければならないものを得る努力よりも
失ってはいけないものを失わないようにする努力をしたい。

とか思ってみたり。
ダッハー!



6月20日(月) | トラックバック(1) | コメント(0) | 徒然なるままに。 | 管理

人生で輝ける時は精一杯に!

黄檗宗大本山 萬福寺で行われた放生会の様子を見てきた。
 ※放生とは捕らえられた生き物を放して功徳を積むこと。

タイムリーなことに京極夏彦氏の「鉄鼠の檻」(禅がらみ)を再読中




萬福寺では昨日・今日の2日間で2000匹の蛍を放生池に放つ「蛍・放生会」が開かれた。

事前に情報を得ようとググってみても全然載っていない。
萬福寺についても思っていたほど人もいない。
それもそのはずこの放生会は今年初めて開かれたらしい。
そして拝観料はちゃっかり普段より300円上乗せ。

ハープとフルートのデュオのミニコンサートが同時開催されていたが池の所まで聞こえてこなかった(と思う)。

辺りが暗くなり始めた頃、子供達(東宇治幼稚園の園児らしい)の手によって蛍が池に放された。
1日辺り1000匹のはずだがそんなに飛び回っていた気はしなかった。

しかし蛍を生で見るのは初めてだったので少し興奮気味!
放たれたばかりの蛍は、見ている人の頭や背中に止まったりしてた。

自分も近くにいる蛍を捕まえてみたり。
蛍って近くで見ると結構気持ちわ(自主規制)

蛍の体は思ってたよりだいぶ小さいなって感じた、なんて種類なんやろう?
人工的な明かりと混じって見えにくい時もあったけど、池に映る光とその上を飛ぶ光が幻想的で綺麗やった!
光を出す蛍の成虫の寿命は1~2週間ほどらしい。
それを知って見れば、更に輝いて見えるかも。

ここぞとばかりにカメラで撮影したけど中々上手く撮れず…
でも人も少ないおかげで余裕で池の側で見ることが出来、その光は網膜に焼き付けたので良しとする!

来年も開催されたら行きたいな。






6月19日(日) | トラックバック(0) | コメント(4) | 徒然なるままに。 | 管理

…!?カツラ型ヘルメットを作れば売れるのではないか!! (特許申請中)

梅雨の中休み

って言うか全然フラねぇ。
まぁ降らないなら走りにいけるんだけど
どうせなら予定が入ってる日に晴れて欲しいー!

ということで
今日はまたまたマトゥイ君とプチツーリング

の予定だった。
しかしヘルメットを渇望するこの僕の気持ちはもうおさえらんNAI!
もうバグってハニー状態。

「じゃあツーリングに行こうか。

 もしくは用品店に行こうか。
 もしくは用品店に行こうか。

と言うことで京都の用品店を目的地に変更。
 申し訳ない、マトゥイ君…

っにしても暑い!
ただでさえムンムンするのに京都の道は混み過ぎてて暑い!
トラックの後ろに停車した時なんかもう脳蕩けちゃいそう耳から出ちゃいそう!
頭ボーっとしちゃう!

と、ここでも自分の方向音痴っぷりに我ながら感服しつつなんとか到着
いくつか目星をつけておいたヘルメットを手当たり次第試着試着~

そして勿論手ぶらで帰宅。
店で購入するなんて King of 愚行
店で散々試着してネットで安く購入

これがクレバーなショッピング。



6月18日(土) | トラックバック(0) | コメント(2) | バイクの話。 | 管理

押し寄せる波

本日の「そそられた一言」

I think that that "that" that that man used is wrong.

あの人が使ったあの that はまちがっていると思う



衝動買いが好き。
なんていうの?商品と心が通った瞬間?一目惚れ?

得てしてそれは後にスペースを消費する
単なる無駄な物体になるわけだけれども。

現に僕の部屋には数多くの秘宝(ゴミ)が見えないところで蠢いている。

しかし

それを予感していても
そそられた瞬間はモノの魅力のほうが勝ってしまう

子供が学校の帰りに
「絶対育てるから!」
と言って拾ってくる子犬との出会いのようなもの。

つまり何が言いたいかというと

ヘルメットが欲しい。とみに欲しい。

まぁヘルメットは実用品だし、ちゃんと交換したい理由もあるからまーいいかー

でも今度狙ってるのはフルフェイスだし値段も高いのでちょっとためらいが…

ない。

今の僕に躊躇いは無い。
迷いの無い男はカッコイイと聞く。
今の僕の目はさぞ澄み切った瞳をしている筈だ。
しかし困ったことに

金も勿論無い。
が、親のスネはかじれるだけかじるのがモットーの僕としては
借金がクレバーな選択(返済未定の催促無視)。

間違いなく濁った目をしていると思う。

明日にでもショップに行っちゃうぞ☆



6月17日(金) | トラックバック(0) | コメント(0) | 徒然なるままに。 | 管理

プチトマタンドキュウリ

日々の生活に充実感を。

枯れた花に水を。

ということで
プチトマトキュウリを育ててみることにした





ちょっと時期的に遅い気もするけど
何事にも遅すぎることはない
という俄か信じがたい言葉を信じて。
まー上手くいかなかったら来年にリベンジということで。

種から育てるってのは流石に本格的なので安い苗を植えてみた。
鉢なんてブルジョアなもんは無いのでスーパーで発砲スチロールを貰ってきた(肉の香りつき)。
あとは適当に支柱をブッ刺して立たせた。

トマトって水のやりすぎは良くないみたいやけど梅雨ってどうなんだー



6月16日(木) | トラックバック(0) | コメント(2) | 健康 | 管理

小手先だけでッ!?

小学校の「図画・工作」は一番好きな授業だった
絵を描いたり何かを作ったりするのは楽しい
プラモデルを作ったりちょっとした細工は最近でもしたりする








暇だったのでまたちょっとやってみた

小さいフィギュアなんかを飾るディスプレイケースに
愛車のチョロバイ(チョロQのバイク版)と鉄道モデル用の小さい木を取り付ける

これだけでは工作とは言えないのでもう一工夫を。

いらないフィギュアに付いていたブラックライトだけを取り外して
ディスプレイケースに穴をあけてチョロバイを照らすようにしてみた。

なんつーか
非常にがっかりだ。

明らかに照らす向きを間違えた。
しかもブラックライトだから怪しさ満点。

光らせない方がマシってどういう事だ。



6月15日(水) | トラックバック(0) | コメント(0) | 徒然なるままに。 | 管理

どこを向いて生きようか。

エルフの家で白バイ隊員による技術を競う全国大会の様子(DVD)を見せてもらった
なんつーか

あれはヤバイ。
白バイのテクは凄いと聞いていたけど

あれはヤバイ。

もう
「…逃げ切れるか…!!」
とか考えてる場合じゃない。
逃げたら横から蹴り入れられそう。

いや、逃げないけど。
その前に違反運転なんてしないけど。

私、グッドライダーですから。

でもあれだけ操れたら乗るのがもっと楽しくなるんだろーなー。
実際公道でギュンギュン乗り回すのは別として。

DVDを見終わった後、
二人は3時のおやつを求め夜の街に消えていった…

って、最近目的もなくダラダラし過ぎな気がする。
楽しいことは楽しいけどただそれだけ。充実感がない。
本当にやらなければならないことを忘れたまま日々を過ごしている。
なんか斜め後ろを見ながら歩いてる感じ。
と言っても今やらなければならないことはおそらく卒論を書くことだけ。
なんとかならぁな、と思いなかなか手につかない。

何か一つでも、目標を見据え、ちゃんと前を向いて歩きたい
大きな目標でなくても、毎日が充実したモノになるような。
些細なことでも、得るものがあればそれでいい。

卒論やれよ、って言う野暮なことはなしで。

と言う事で

じゃーん。
方向音痴な僕に最適
バイクにコンパスつけちゃった
少々野暮ったいがそれがいい。
しかもブラックライトで光る優れもの

走ってるときは
タコの回転数見て
エンジンオイルの油温見て
方位を確かめて

ウハ、前なんか見て進んでる場合じゃねぇ。



6月14日(火) | トラックバック(0) | コメント(4) | バイクの話。 | 管理

近所にいそうなおっさんになりたい。

最近、暇な時は走ってたので今日は積年の恨みを晴らすかのように汚れを退治してた
休日でもない、月曜日に家の前でバイクと戯れていて。

「あの家の息子さん、学校も行かずにヒソヒソ」
とか
「また触ってるよ。変態め(遠い目)」
とか思われないか僕心配です。

しかも学校帰りの小学生が時々チラチラ見てくる。
「やぁ!」
って爽やかに挨拶でもすれば巷で噂のお兄さんにでもなれるんだろうか。



6月13日(月) | トラックバック(0) | コメント(0) | バイクの話。 | 管理

天然ビオランテ

降っちゃう前に走るのよぅ!

ということで今日も走ってきた。
今日の生贄はこの前サークルに新しく入ってきた筋肉男マトゥイ君。





信楽で待ち合わせをして422を走っていくとすぐに三重に入る
甲賀から伊賀へと
from 忍者 to 忍者
なおいしい道程にも関わらず無視

名張方面に向かう山道をしばらく走ると青蓮寺湖が見えてくる
ここは青蓮寺川にできた青蓮寺ダムによって出来た人工の湖らしいがすごいデカイ
ダムは82mもの高さがあって、上から下を見下ろすとけっこう絶景だった
ここを見てると琵琶湖のデカサが際立って感じた。琵琶湖最高。

次の目的地に行くまでに昼食をとるため近くの食事処にて肉うどんを食す。

ダムの上からも見えていた赤い橋弁天橋を渡って
今日の目的地香落渓に到着
秋には山が燃えたように紅葉が彩るらしいけど残念ながら超緑
でも所々見える巨大な柱状節理の岩肌が雄大で走る車も少なく快適な道のり
渓谷だけあって両側に岩肌が見え、ほぼ上を向いて走ってる状態


渓谷を抜けて食事処で情報を得た曽爾高原へ向かう
高原は高原でも曽爾高原温泉などの施設がある方へ来てしまう
想像していた高原ではなく、つぅより山。
露天からの景色は絶景らしい
とりあえず暑いのでアイスを食べることに。

バニラ♪バニラ♪


ビール♪ビール♪

…ビールソフト…!!

曽爾高原の地ビールを使用したというアイス
アルコールは飛ばしてあるらしいので運転もOK~
見た目はいたって普通のソフトクリーム
一口食べると口の中に広がるビールの味
それでいてアイスの甘さも消さまじぃわコレ。

てか僕ビール嫌いですから。
マトゥイ君が食べたバニラはとても濃厚で美味しかった

近くに屏風岩・済浄坊の滝があるということなので見てみることに。
また狭くクネクネな山道を登っていくと山頂にでっかい岩壁が。
高さ約200m、幅約1.5kmのにもおよぶ切り立った岩壁
てかでか過ぎてよくわかんねぇ
登ってくる途中で見た姿のほうが熱かった

近くの滝の方に進んでみると
-済浄坊の滝 徒歩500m-
の標識が。
マトゥイ君は行くのを渋っている。
でも僕はちゃんとわかってるよ
マトゥイ君は天邪鬼だからホントは行きたくても感情を表には出せない子だってことを。
ってことを自分に言い聞かせながら歩くことに。
滝を見るなんて初めてだからワクワクして歩を進めると
なんつーか騙された気分に。マトゥイめ。
帰りに7、8人の男女グループとすれ違ったが
彼らのガッカリした顔が目に浮かぶようだ。

最後は帰る途中にある高井の千本杉に立ち寄ることに。
すごいわかりにくい場所にあり一度は通り過ぎてしまった
細すぎる、そして急すぎる道(っていうかバイクで行っていいのかコレ)を駆け上がると
そこにはモンスターが。
正直あんま期待してなかっただけに驚いた。間違いなく本日のMVP。
樹齢は約500年、幹周りは35m(25m?)にも及ぶ巨木。
元々は数本の杉が井戸を囲むように生えていたらしいが、成長するにつれて個々の幹が癒着しあってこんな姿になったらしい。一つの幹として見れば根周り、幹周りともに日本最大らしい。
根のちょっと上、1mあたりのところから16本にわかれた幹が真っ直ぐ伸びている様子はすごい迫力

「ビオランテみたいだね」
と笑みを投げかけると
「なんすかそれ。」
って。
OH!ゴジラの敵っすよゴジラの敵!
マトゥイってあだ名つけてるだろチミ!

これが…ジェネレーションギャップか…!!

休憩のため前のツーリングのときにも寄った道の駅 針テラスへ行き、帰路へ。

梅雨突入しょっぱなからこんなありえない天気
マトゥイ君のこだわりで「気持ちいい道」ばっか走った一日
明日も天気だそうで、ウハッ。

走行距離は225kmってとこかな。
慣れてきたのかさほど疲れなかった。












6月12日(日) | トラックバック(0) | コメント(5) | バイクの話。 | 管理


(2/4ページ)
最初 1 >2< 3 4 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック